司法書士の仕事について知ろう

司法書士の主な仕事のうちの一つに障害者や高齢者に対する成年後見制度があります。
成年後見制度とは加齢や障害のために判断能力が低下している人に対して、財産や様々な権利を守る制度です。

こちらの制度を利用するには医師の診断書を添えて家庭裁判所に提出する必要があります。

家庭裁判所に提出する書類の準備を行う事も可能です。

家庭裁判所から司法書士が後見人として選任された場合には、通帳や権利書などの通帳を預かるだけでなく、病院や公共料金の支払いなどの代行も行います。
万が一通信販売などで高額な商品を購入した場合には契約の取り消しを行います。


介護保険制度や障害者総合支援法などの福祉サービスを利用する場合に代理人となる場合もあります。その他にも日常生活で必要になる生活必需品をその人のお金で購入する場合もあります。
司法書士が行うサービスの中に借金問題の相談もあります。利息制限法という法律を武器として、任意整理という方法を取る場合があります。

こちらの方法を取ると将来利息を全てカットした上で金利を利息制限法の上限枠まで引き下げます。


司法書士はこちらの手続きのために金融会社と交渉を行います。

こちらの方法を利用すると支払額が半分程度まで支払額が下がるというメリットがあります。

しかしデメリットもあります。


信用情報登録機関に任意整理した事実が登録されるので、5年程度は自動車ローンを含む全ての新規ローンは契約できなくなります。

















関連リンク

行政書士試験についての基礎知識

行政書士試験は、基本的に誰でも受けることができます。年齢や学歴、国籍すらも問われないので、中学生でも合格することは不可能ではありません。...

more

司法書士に頼らなくても済むケース

法律にかかわる複雑な手続きなどは、やはり餅は餅屋に、です。司法書士に頼ったほうがいい場合が多いです。...

more
top