行政書士試験についての基礎知識

行政書士試験は、基本的に誰でも受けることができます。



年齢や学歴、国籍すらも問われないので、中学生でも合格することは不可能ではありません。

試験に臨むには7000円程度の費用がかかります。

行政書士試験は年に一回で、主に秋頃に行われます。



合格発表は冬です。



数ヶ月間は間が空くので注意です。



行政書士試験では、広範な法律の知識が必要になります。さすがに弁護士試験や税理士試験のような難しい問題は出されませんが、出題の範囲が広いことが問題です。



非常に広範な範囲から少数の問題が出題されるため、対策を立てるのが難しいです。
憲法や民法、商法と会社法以外にも、行政法の中から多数の問題が出題されます。弁護士試験では出ないような問題も出題される可能性があります。



過去問をしっかり解いておくことも重要ですが、専門学校に行って予想問題を解いておくことも大切になります。



生半可な勉強ではなかなか合格をすることはできません。一応合格基準点が決まっているので、それをクリアすれば人数に関係なく行政書士資格が得られます。年度によっては問題が簡単だとか難しいということがあるので、一定の補正的措置が講じられることもあります。
ですから点数が低かったからといって諦める必要はありません。



補正的措置のおかげで合格基準点が引き下げられることもあるわけです。


合格率は5%から10%の間に収まることが多いですが、年度によっては2%のときもあります。

関連リンク

なぜ無料会計ソフトfreeeが支持されるのか

無料会計ソフトfreeeはなぜ世間的にこんなにも支持されているのでしょうか。支持される理由は色々あると思いますが、まずはただ単に登録ボタンを押すだけで仕訳データが自動的に作成されるという機能性にあります。...

more

登記の問題については司法書士に相談をするのが良い

身内が亡くなった場合には悲しみに明け暮れることになりますが、悲しんでばかりはいられないこともあります。亡くなった人が遺産を遺していてそこに遺産の分け方について書かれていたらその通りに遺産を分ければ良いのですが、そのことが何も書かれていない場合には法定相続人全員が集まって遺産分割協議を行う必要があります。...

more
top