司法書士は簡易裁判所の訴訟の相談もできます

司法書士といえば、土地、建物などの不動産の登記を依頼したり、債務整理の手続きを代行してもらったり、会社を設立するときの様々な登記をお願いするなど、身近な町の法律家として頼れる存在です。
弁護士よりも相談しやすいと考える人も多いかもしれません。

平成15年4月より、新たに依頼できる業務が増えたことをご存知でしょうか。法務大臣の認定を受けた司法書士に限られますが、簡易裁判所における裁判の申立ての書類作成や、裁判への出廷、和解の交渉、調停など幅広くサポートしてもらえることになりました。訴訟金額は140万以下の案件が取り扱いの上限となります。
殆どの人は裁判や調停などは縁がないことが多いでしょうから、万が一、法律が絡むトラブルになってしまったときに気軽に相談できる窓口として司法書士は有難い存在となり得ます。


取り扱う訴訟の内容としては、人に貸したお金をなかなか返してもらえない、大家さんなどでは、家賃を払ってもらえなくて困っている、などの案件が多いようです。

全国各地の司法書士会では無料相談を実施していることもあります。


ある程度自分で相談したい内容の法律について調べておくことは大切ですが、司法書士に直接相談することによって、解決の糸口が見つかることもあります。

それでも訴訟の申立てをしなければならないという結論に至った時でも、協力を得ることができる存在ですので、何か困ったことがあったら相談してみると良いでしょう。

















関連リンク

自動車の最高出力と最大トルク

自動車のスペックでエンジン性能を表す最高出力と最大トルクがあります。最高出力というのは、エンジンが発生する出力の最高値を表すもので、その自動車の速さに直結します。...

more

なぜ無料会計ソフトfreeeが支持されるのか

無料会計ソフトfreeeはなぜ世間的にこんなにも支持されているのでしょうか。支持される理由は色々あると思いますが、まずはただ単に登録ボタンを押すだけで仕訳データが自動的に作成されるという機能性にあります。...

more
top