登記の問題については司法書士に相談をするのが良い

身内が亡くなった場合には悲しみに明け暮れることになりますが、悲しんでばかりはいられないこともあります。
亡くなった人が遺産を遺していてそこに遺産の分け方について書かれていたらその通りに遺産を分ければ良いのですが、そのことが何も書かれていない場合には法定相続人全員が集まって遺産分割協議を行う必要があります。



そしてそこで遺産をどのように分けるかを決めることになりますが、遺産が全て金銭であれば法定相続分に従って分ければ良いことになります。



しかし遺産の中に不動産や有価証券が含まれている場合には諍いが起こってしまうこともあるので、その点は十分に注意した方が良いです。遺産分割協議を行って円満に遺産の分割方法が決まってもそれで終わりと言う分けではないです。

むしろ問題はこれからで相続税のこと等複雑な問題が出てきます。
そして厄介なのが土地や建物などの不動産を取得した時で、こういった物を取得したら登記をする必要があります。



しかし素人では登記の仕方が分からないので、どうすれば良いか困ってしまうことがあります。



その場合には司法書士に委任をして全て任せてしまうのが良いです。



司法書士は登記関係のプロなので、簡単に不動産の登記をしてくれるのでとても助かります。



最近ではインターネット上にホームページを開設している司法書士事務所も沢山あるので、自宅の近くにある司法書士事務所を簡単に探すことが出来ます。



ですから登記関係の問題で困った事があったら、お近くの司法書士事務所に連絡をして相談をするのが良いです。



関連リンク

司法書士は簡易裁判所の訴訟の相談もできます

司法書士といえば、土地、建物などの不動産の登記を依頼したり、債務整理の手続きを代行してもらったり、会社を設立するときの様々な登記をお願いするなど、身近な町の法律家として頼れる存在です。弁護士よりも相談しやすいと考える人も多いかもしれません。...

more

司法書士の仕事について知ろう

司法書士の主な仕事のうちの一つに障害者や高齢者に対する成年後見制度があります。成年後見制度とは加齢や障害のために判断能力が低下している人に対して、財産や様々な権利を守る制度です。...

more
top