弁護士の補佐的位置の司法書士

法律の中で生活している私たちは、法律に沿った生活をすることで安心な暮らしを手に入れることができます。
法律は複雑で煩雑な手続きを必要とするため、一般的には法律全般業務は司法試験に合格した弁護士が行っています。

しかし現実は法律業務の種類や数の多さに比べ弁護士の数が不足していることから、一部の業務ができる司法書士制度が作られました。司法書士が行うことのできる業務は不動産や商業、船舶などの登記や供託、また裁判所や法務局などに提出する書類の作成などがあります。これらの業務を行うためには司法試験を受ける必要がなく司法書士試験を合格することで資格を得ることができますが、法務省で研修や考査を受けさらに法律の知識を得て認定司法書士に認められると、一部の借金の整理手続きや140万円以下であれば民事訴訟で和解・交渉・代理なども行うことができるようになります。
登記や供託などすべての業務は法律にのっとって行われますが、弁護士との大きな違いは法律全般の知識が求められていないことです。
そのため140万円以上の民事事件や破産・民事再生等の申立、家事及び行政事件、刑事事件などの業務は行うことができません。
法律に関して問題が起こった場合通常は弁護士に相談し登記や供託の必要に応じて司法書士に依頼することになりますが、直接相談を受けて調査している過程で140万以上の民事事件と判明した場合は、依頼者の了解のもと弁護士へ移行するか依頼者が訴訟を起こし各種書類の作成を引き受けるかの対策を取らなければなりません。

















関連リンク

司法書士の仕事について知ろう

司法書士の主な仕事のうちの一つに障害者や高齢者に対する成年後見制度があります。成年後見制度とは加齢や障害のために判断能力が低下している人に対して、財産や様々な権利を守る制度です。...

more

弁護士の補佐的位置の司法書士

法律の中で生活している私たちは、法律に沿った生活をすることで安心な暮らしを手に入れることができます。法律は複雑で煩雑な手続きを必要とするため、一般的には法律全般業務は司法試験に合格した弁護士が行っています。...

more
top